函館護国神社は、日本国に殉じた戦没者の霊をまつる神社。

その始まりは、箱館戦争終結後に明治政府が政府側の戦没者をまつるために建てた「招魂場」です。

 

この「招魂場」時代以来、函館護国神社には箱館戦争・西南戦争・日清戦争・太平洋戦争までの

戦没者が英霊としてまつられています。

 

高田屋嘉兵衛像からまっすぐ函館山に向かっていった突き当たりに建つ函館護国神社。

護国神社には珍しい朱の鳥居が坂の下からでもくっきりと見えます。 

 

境内には、箱館戦争終結後すぐに立てられた「招魂場」と彫られた大石があります。

ちなみにこの大石は、高田屋嘉兵衛が飢饉対策の公共事業として市民に海中から引き揚げさせた

「亀石」を割ったものだとされています。

 

 

さらに境内には、太平洋戦争において日本の国と人々を守って命を落とした方々のための碑が立ちます。 

 

結構参拝客は訪れるものの、いつも静寂と荘重な雰囲気に包まれた函館護国神社。

ここではなぜか「縁結び」のご神徳があると境内に大きく書かれています。  

護国神社がなぜ縁結びと結び付くのかはよくわからないのですが、

日本のために亡くなった父祖たちは、日本の発展を願っている・・・ということかもしれませんね。

 

今日も英霊のみなさんは、たくさんの縁を結んで少子化を食い止めようとしてくださっているのかもしれません。

 

函館護国神社 

函館市青柳町9番

プリンタ用画面
前
武人の神様「亀田八幡宮」
カテゴリートップ
09年1月号 初詣に行く前に読むと10倍得する函館神社特集!
次
松前藩主の病気を治した!「湯倉神社」